マウスピース型装置による治療(インビザライン)|神戸市垂水区・明舞地域の地域密着型歯医者、もりやま歯科・矯正歯科クリニック

無料矯正相談を行なっています。ぜひお問い合わせください。

メニュー

マウスピース型装置 インビザライン
による治療
Mouthpiece

About マウスピース型装置 インビザライン とは

マウスピース型装置(インビザライン)とは

一般的なワイヤーを使った矯正装置とは異なり、金属を一切使わない透明なマウスピース型の矯正装置です。
マウスピース型装置(インビザライン)は、透明なうえに非常に薄いため、歯に装着していても目立ちません。至近距離で凝視しないかぎり装置を装着しているようには見えないため、お仕事などの関係で周囲の人に気づかれずに歯並びを整えたい方におすすめです。
また、患者さまご自身で取り外せる装置なので、食事や歯磨きも治療前と同じようにストレスなく行なうことができます。
ただし、毎日きちんと決められた時間だけ装着できなければ、計画どおりに治療が進まないため、患者さまご自身でしっかりと管理していただく必要があります。

こんな方におすすめ

  • 周囲に気づかれずに歯並びを整えたい
  • 人前に出る機会が多く、見た目が気になる
  • 装置を気にせず食事を楽しみたい
  • 装置による違和感や不快感を抑えたい
  • できるだけ痛みが少ない治療を受けたい
  • 多忙のため通院回数を少なくしたい
  • 発音を妨げにくい装置で治療したい
  • 金属アレルギーで金属製の装置は使えない

Orthodontic 当院の矯正治療の特徴

日本矯正歯科学会認定医による治療

日本矯正歯科学会認定医による治療

当院の矯正治療は、「日本矯正歯科学会認定医」の資格をもつ歯科医師が担当します。 日本矯正歯科学会認定医とは、矯正治療に関して適切かつ十分な学識と経験を有すると認められた歯科医師に与えられる資格です。さまざまなタイプの症例に対応し、より的確な診断と治療を行ないますので、ご相談ください。

院長紹介
安心して治療を受けられる無料相談の実施

安心して治療を受けられる
無料相談の実施

一般的には有料であることが多い初診相談ですが、当院では無料で実施しています。
歯並びや噛み合わせが気になっているものの、さまざまな不安があってなかなか矯正治療に踏み切れないという方は多いのではないでしょうか。矯正治療はいくつになっても始められますので、お気軽に当院の無料相談をご利用ください。

ご予約・お問い合わせはこちら
治療前に治療費用の総額がわかるトータルフィーの導入

治療前に治療費用の総額がわかる
トータルフィーの導入

矯正治療では、治療前に提示する治療費のほかに、通院時に別途料金が発生するという料金体制が一般的です。しかし、それでは治療費の総額が不透明になり、想定していたよりも治療費がかかってしまうことがあります。
当院では、「トータルフィー」の料金体制を導入しており、治療前に提示した金額以上に治療費が発生することはないため、費用に関する不安を抱えることなく治療を進められます。

トータルフィーについて
柔軟に変更できる治療期間

柔軟に変更できる治療期間

マウスピース型装置(インビザライン)による治療では、歯列の移動状態などにより治療期間が延びることもありますが、そのような場合でも柔軟に対応しています。
歯列が予期しない動きをしたり、想定どおりに動かない場合は、患者さまの歯並びに合わせてワイヤーを作製・調整する「エッジワイズ装置」へと移行することもあります。

Invisalign マウスピース型装置 インビザライン の特徴

透明で目立たない

透明で目立たない

マウスピース型の矯正装置は、透明なポリウレタン製で厚みは約0.5mmと非常に薄く、装着していても目立ちません。

患者さまご自身で取り外せる

患者さまご自身で取り外せる

矯正装置を取り外すことで治療前と同じように歯を磨けるだけでなく、装置自体も清掃しやすいので清潔に保てます。

治療中でも食事を楽しめる

治療中でも食事を楽しめる

食事の際には装置を取り外せるため、装置を気にせず好きなものを思いきり食べられます。

治療中の痛みが少ない

治療中の痛みが少ない

1ヵ月での歯の移動距離は0.5mmほどです。弱い力で少しずつ歯を移動させるため、治療中の痛みを抑えられます。

通院回数が少ない

通院回数が少ない

矯正装置の取り替えは患者さまが行なうほか、治療中に装置を調整する必要がないため、通院回数が少なくすみます。

金属アレルギーでも治療できる

金属アレルギーでも治療できる

装置がポリウレタン製で金属は使用していないため、金属アレルギーの方でも不安なく治療を受けられます。

日本矯正歯科学会によるマウスピース型装置による治療への指針

近年、アライナー型・マウスピース型矯正装置による治療を提供する歯科医院、受診される患者さまが増加しています。それにともない、日本矯正歯科学会において指針や治療に関する見解を公表していますので、ご一読ください。

Flow マウスピース型装置 インビザライン
の治療の流れ

1カウンセリング

歯並びのお悩みやご要望をじっくりとお聞きしたうえで、想定される治療内容やおおよその治療期間、費用などについてご説明します。

カウンセリング

2精密検査

お口の診察のほか、レントゲン撮影や口内の写真撮影、歯型採取などの精密検査を行ない、矯正治療に必要な情報を取得します。

精密検査

3歯型模型の作製

精密検査で採取した歯型から模型を作製します。この模型とレントゲン写真などをもとに治療計画を立てます。

歯型模型の作製

4治療開始

治療計画のデータをもとにマウスピース型装置を作製します。装置ができ上がったらご来院いただき、使用方法や注意点などをご説明します。
装置は治療の段階ごとに患者さまご自身で新しい装置に取り替えていただきます。

治療開始

5治療完了・保定

すべての装置を装着し、シミュレーションどおりに歯が移動したら治療は完了です。その後は保定装置を装着して後戻りを防ぎます。

治療完了・保定